京都の飲食グループ、起福の採用サイトです

社員インタビュー - 社員編

児山文 - 入社2年目 32歳
児山文
『もはや“仕事”ではなく、
“生きがい”です。』

起福に入社したのは、西尾マネージャーとのお話がきっかけでした。社員を愛し、夢と未来を熱く語る大人を目の前にして、「ここだ!」と確信しました。
起福とは、みんなの夢が叶う場所、そしてそれが人々の幸せに繋がる場所です。
今後は、この英語教室を事業部として立ち上げ、海外の子供たちとも交流をはかれるようにしていきたいです。
最後に…、私は私の笑顔が大好きです‼

稲垣えみ - 入社6年目 25歳
稲垣
副店長
『起福との出会いで
人生変わりました!』

私の仕事のやりがいは自身が成長する事で、たくさのお客様、仲間の幸せに出会える事です。私が働く『起福』とは、どこよりも、“幸せ”を、創っていける会社です。
お客様に感謝を込めて、無料のイベントの実施、アルバイトさんが社会にでて楽しい社会生活を送れるよう、会社全体でのセミナーを行っています。仕事ももちろん、プライベートも、自分の成長次第で、どんどん充実していきます。

草崎美帆 - 入社1年目 23歳
草崎
新入社員
『これだ!と思う瞬間に出会えた。』

会社説明会で、働くことが楽しい!と女性社員が話す姿を見て一緒に働きたいと感じました!
自分の業務以外にも活躍できるフィールドがあることに魅力を感じます。
やりたいことがある方、ない方いろんな方がいると思う。たくさんの会社を見て、これだ!」と思う瞬間にであって欲しい。私は起福の方の仕事への社員さんの姿勢でした。出会えるその瞬間まで諦めないで、自分の想いを大切に行動し続けてほしい。

古谷玲緒 - 入社7年目 29歳
古谷
店長兼エリアを統括する係長
『自分次第』

大学生の時に起福のお店でアルバイトとして働き始め、「感謝世界一!」と掲げる伊藤社長の理念とそこで働く先輩社員さんに憧れ、一緒に夢を叶えていきたいと決意して入社しました。
働く年数と共に仲間が増え、プライベートが充実する会社であります。「どうすれば?」と考えて頭と体を使う仕事の中で発見した人に対する思いやりや感謝の心、それは仕事以外に生きてきます。働く枠を越えて、人として成長できる起福、そんな会社に感謝しています。

田中翔 - 入社4年目 27歳
田中
店長兼セミナー講師
『京大卒業生が大手企業を断り、
起福を選んだ理由!!』

僕は兵庫県の片田舎で、教育熱心な両親の元大切に育てられてきました。
学生生活の中での時間を勉強に注ぎ、その結果として京都大学に入りました。そして、6年間きっちり通い、卒業して”今”ここにいます。
店長として、いちサービスマン、ビジネスマンとしても、自分より素晴らしい先輩、後輩と”共に”学びながら、会社の理念、そして各店舗のビジョン、そこで働くスタッフの夢に向かって、成長していくために奮闘しています!!

昌原 鴻太 - 入社2年目 25歳
昌原
『共に働くやりがい、
全てがエンターテイメント』

自分のしたことでお客様の反応、そして同じ働くスタッフの反応がその場でかえってきます。1日1日が変化の連続で同じことなんて起きません。それにどう対応するのか、どう準備していくのか。
それを仲間と一緒に考えて考え抜いて、お客様に喜んでもらえたとき、こちらがすごく感動します。
ワインエキスパートの資格を取得した後、ソムリエ資格を取得。飲食事業部ワイン部門主任。お客様、スタッフにワイン勉強会を開催していきます。

社員インタビュー - パート・アルバイト編

赤松怜奈 - 2012年10月入社
partphoto1
亀八本店、山下醤造
『出会って変われた』

起福のよさはなんといっても社員さんの熱さと愛情と感謝が溢れるところです。
社員さん全員が夢をもち、その夢を叶えるために今を頑張っているところに私はいつも刺激を受け、自分も頑張らないとと思わせてくれます。そして、自分が失敗したとき、バイト以外で落ち込むことがあったときは誰よりも真剣に話を聞き、たくさんアドバイスをくれます。そして、感謝の気持ちをダイレクトに伝えてくれ、必要とされていることに気づかせてくれます。

山口凜太朗 - 2014年5月入社
山口凛太郎
中々
『成果発表会優勝!』

この会社には日々の営業以外にも様々な取り組みがあります。
その中でも僕が一番印象的だったのは一年に一回起福全店舗が集まってそれぞれの店舗の一年の取り組みを発表するという成果発表会です。
僕の店舗の中々ではこの成果発表会で優勝することができました。
僕たち中々の日々の営業やミーティングなどでの取り組みが結果として反映されてとても嬉しかったです。

児山 純子 -2013年4月入社
児山 純子
パート代表
『やっと出会えた』

お客さまへの姿勢は勿論未来ある若者を応援し育てている起福。ただアルバイトパートするだけではなく人として何が大切かを教えてくれます。私の山醤もよくある楽しい職場です。でもどこか違うんですよ。会社に守られながら仕事しているという安心感。お客さまへの感謝の気持ち。一度御来店下さい。会社との繋がりお客さまとの繋がりを感じて頂けると思います。やりがい働き甲斐を一緒に感じませんか?何時でもお待ちしております。

佐藤宏樹 - 2014年7月入社
佐藤宏樹
もつ鍋秀寅
『一生人生で繋がる仲間』

起福では店舗の垣根を越えてたくさんの社員さんやアルバイトスタッフと出会うことが出来ます。色んな価値観を持った人と出会うことで、充実した日々を送れていると感じています。アルバイトスタッフや社員さんと営業時間以外でも遊びに行ったり、誕生日会をしたりとプライベートも充実させることが出来ました。起福に入って一生付き合っていく仲間に出会うことが出来たので起福でアルバイトが出来て良かったと心から感じています。

濱口尚斗 - 2010年7月入社
濱口 尚斗
石焼奉行とりくら
『学んだ本気の感謝と成長』

成果発表会という大きな場で、一年の成果を発揮できます。
さらに、そのために、2ヶ月に一回社長と社員さんの話を聞き、本気で日本を元気にできる人になろうと努力します!その成果を発表する会として、アルバイトスタッフ、社員さんを含め、100人以上の人の前で思いも伝える経験をさせていただけます!!この経験が日本を元気に出来るのです!感謝、人間力を成長させてくれるこの会社に本当に感謝しています!

水口利樹 - 2014年10月入社
水口利樹
kamebar 8
『変われるよ。』

間髪入れずに返ってきた答えを聞いてここだ!と確信しました。
悩んでると聞けば幹部、店長の方達が自分のことのように何時間も相談に乗ってくださったり、自分の成功や頑張りを心から喜んでくれます。 日々の営業で喜び、苦悩、気づき、感謝などの体験ができ、そのたびに何度も自分を見つめ直せます。誰しもが成長するチャンスが転がっている、起福はそんな会社です。
自分の働きかけによってたくさんの人が笑顔になってくれた瞬間なんかもう最高ですね(笑)

野村亜衣-2013年8月入社
野村 亜衣
お好み焼き・鉄板焼き中々
『私のもうひとつの家』

起福に入って、お客様と関わるごとに”楽しい!”と感じています。お客様から「いつもいい笑顔と気配りありがとう」と、お声を掛けてもらい、よりお客様に居心地の良いお店を作ろう!と活気を貰っています。起福という会社は、アットホームなもう一つの家というイメージです。他の飲食店には無い社員さんとアルバイトスタッフの絆があります。気づかなかったことに気付き、学ぶ事ができ、笑顔溢れる、活気に満ちた会社です!

新久保佳代子 - 2013年7月入社
新久保佳代子
あごつゆしゃぶしゃぶ山福
『言葉の壁を越える』

来て頂いたお客様が笑顔で帰ってもらえること!
山福では、海外のお客様を接客する機会が多々あります!
言葉の壁を超えてお客様を接客させて頂き、笑顔で帰ってもらえる喜びは何にも変えられません!お客様はどうしたら喜んでいただけるのか。
など自分で考え行動し、その行動に対して喜んで頂けたとき、ここで働いていてよかった!と感じます。

増井将人-2013年6月入社
増井将人
中々
『たかがアルバイト』

たかがアルバイト。起福の店舗に、そんな風にアルバイトスタッフのことを扱っている社員さんはいません。お店を良くするために、私たちと同じ目線で話をしてくれたり、相談に乗ってくれたりする社員さん。スタッフのモチベーションアップのためにセミナーや食事会を開催してくださり、熱い想いをスタッフに向けてくださる社長をはじめとした幹部の方々。そんな人達に囲まれて働いていて熱い想いを持てない方が不思議です。

TOPへ戻る